街のイベント

私の住んでいる街では、何かとイベントや催し物が開かれることが多いです。
特にうちの周辺には小さなブティックやアートギャラリーなどがたくさんあるので、ショッピングやアートに関わるイベントもよく開かれます。

それとは別に、街の主催で年に数回、美術館や動物園などを真夜中まで開館、開園する日もあります。
美術館のイベントは共通チケットを買うと、街のどの美術館にも真夜中の閉館時間まで何度も出入りできるというもので、去年の開催日にチケットを買って美術館巡りをしました。

無料ドリンクをサービスしたり、ミニコンサートを開いたりと、各館で趣向を凝らした催しをしていたので、日中の美術館の数倍もの人出でとてもにぎわっていました。

ことしはぜひ、真夜中の動物園を見学したいと思っています。
新聞でも、地域が運営する動物園が軒並み業績が好調という話題を目にするのですが、イメージとしては小ぶりな動物園でガラガラなんですけどね。

恐らく、地域住民目線で、ただ動物を見せるための施設というスタンスではなく、憩いの場に動物がいるというコンセプトがあれば、自然に人は集まってくるでしょう。
お年寄りなどは、格安な入場料あるいは無料の日を多く設けることもいいですよね。

園内での昼食などで採算を取るという、マーケティングも可能でしょう。
季節によってもイベントを企画していけば、ちょっとした身近なテーマパークですよね。

«
»