無駄遣いなど存在しない

子どもから見れば、母親の持つブランドバッグや高くて良い化粧品は無駄遣いだ。
親から見れば、子どものゲーム代・マンガ代などの遊び道具やオヤツ代が無駄遣いということになるだろう。

そして仕事ひとすじの無趣味な父親から見れば、子どもの遊びの費用も、妻の化粧品代も洋服代も全てが無駄遣いだと感じるのだろうか。
個人消費の価値観は、ひとりひとりみんな違う。

そこで「無駄遣い」という言葉を使うのを止めてみて欲しい。
お金を使って物を得ることに無駄などひとつもないと考えてみて欲しい。

無駄遣いや贅沢だと言われるその買い物は、お金を回すのだ。
立派な経済効果であり個人消費は景気回復に繋がる。
お金を回さなければ、経済は一生回らない。

困窮を極めてまで、借金を作ってまで消費する必要はないが、最低限何とか暮らせている時点で、家計ばかりでなく国の経済のことも少しは考える余裕はあるはずだ。

無駄のない社会は有り得ない。
しかし、無駄にもレベルがあると思う。
例えば、最近は特に国や地方の行政に関わる税金のムダ遣いに対して風当たりが強いが、それは当たり前。

心血注いで働いた収入から税金として収められているお金を湯水のように使って良いわけがない。
実にシンプルな発想である。
これが理解出来ない公務員は、自らのサイフを他人に湯水のように使われても、何も文句は言わないのだろう。

シンプルに考えよう。

いいオフィスはいい会社とは限らない
複数店舗向け勤怠管理システム
利用人数・拠点が多く、月額利用タイプでは毎月の利用料が高額になっている時は事例で効果をチェック
biz-work.jp/
関連:www.miniaturesbypost.com

«