コンサート鑑賞マナー

大学の時に必修科目の他、単位を多めにするため、選択科目も受けます。
選択科目は自分の趣味によって、好きな科目を選べます。

私は2年生後半の時に音楽鑑賞科目を選びました。
毎週の土曜日午後3時から5時まで鑑賞授業を受けて、先生は音楽部の可愛い女性でした。
彼女のおかげで、いろいろな音楽の知識が分かりました。

大部忘れてしまいましたが、今でもはっきり覚えているのはコンサートに出席するマナーについての授業でした。
まずは服です。

コンサートに出席すると、洋装は一番いい選択で、ティーシャツとパンツなどはダメで、特にサンダルとスリッパがダメです。
演奏している間、拍手してはいけません。

しかし演奏が終わったら、演奏者と指揮者への尊重を表すために拍手すべきです。
それに一番重要なのは演奏の時、しゃべることはすごく失礼なことなので、しゃべってはいけません。

このような考えればわかることを、あえてマナーとしていちから教えなければならない風潮に、日本人の民度の衰えを感じてなりません。
空気の読めヤツが増えすぎていますよね。

若者の場合の空気が読めないというのは、単純にノリが悪い時に相手に対して使うだけの稚拙なものです。
人と違う行動を取ることが、果たして空気が読めないことなのでしょうかね?

いつの時代もステレオタイプな人が多数を占めるものですが、個の時代と言いつつ、その個性も横並びというなんともお粗末な感じですよね。

間違い無しの食肉
食肉卸のご用命や精肉などはコチラ
店舗やレストランのオーナーや料理長様からのご用命には期待以上をお約束します。
meat-kimura.co.jp/

«
»