ミャンマーには見えない経済で高価格な商品が沢山

友人家族が昨年、仕事でミャンマーに転勤になりました。
年に一度は日本に帰ってくるので、このお正月に久しぶりに再会し、ミャンマーの暮らしを聞いて驚きました。

街には物資があふれ、最近になってスーパーマーケットやショッピングセンターが次々に建設され、日本製品も簡単に手に入るそうです。

化粧品フロアに行けば、日本ブランドの販売ブースがあり、書店では日本のギャル向けファッション誌が販売されています。
モノは豊富ですがタイ経由で入ってきているため、値段は高めです。

ミャンマーはアジアで最もGDPの低い国と言われていて、その年収は平均して5万円です。
しかし実は結構なお金を持っていて、見えにくい経済がそこにはあると言われているそうです。

街中を走る車のほとんどは日本の中古車ばかりで、日本の公営、私営のバスの中古車が走っているので、日本を身近に感じることのできるミャンマー生活のようです。

日本しか知らない私たちには、とても新鮮な情報ばかりで、帰国が楽しみとなりました。
恐らく、何度かは訪れることになるでしょう。
パスポートの準備が必要ですね。

海外での体験は、日本での生活に活きてくると言う人は多いものです。
まず、視野か広がる事らしいです。
日常の生活でいかに恵まれているかということも、かなり痛感するために感謝の念が消えないとも。

仕事が選べるということにも幸せを感じるべきだとも言ってました。
早速、会社のアクセス解析を見直すことにします。

石垣島でマンタとダイビング
石垣島でマンタとダイビング
石垣島でのファンダイビング・体験ダイビング・ライセンス講習までサポート
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»