防犯グッズを購入

私が住む街は、空き巣が多く、警告を促す回覧板が頻繁に回ってきます。
そこで我が家でももしもの時のために、いいえ、もしもの時が来ないように、防犯グッズで空き巣対策をすることにしました。

まず購入したのは、窓の鍵プラス2重3重施錠が可能な補助錠です。
設置方法は簡単で、窓の上と下でしっかり固定します。
レバー式で、取り付けも取り外しもロックを解除するだけです。

万が一、窓を割られても入れないような仕組みになっています。
また力をいれなくてもしっかり締まるので、子供でもロック可能でした。

ベランダ側のサッシもきっちり留まったので、空き巣が侵入しそうな場所全てに取り付け完了です。
防犯グッズも空き巣も、所詮はイタチごっこかもしれませんが、何もしないよりはましかと、実は半信半疑な私です。
結婚後から防犯意識を持っていたことが何よりの行動のモチベーションです。

庭は芝生から砂利に変更しました。
これですと足で踏むたびに音が発生しますので、万一不審者が入ったとしても気が付きます。
結構、響きますからね、特に夜は。

一番危険なのは昼下がりですね。
我が家は誰もいないので、施錠に頼るしかありませんでしたが、近々、セキュリティシステムを導入する予定です。

スマートフォンを利用しての監視システムを構築したいのですが、そこまでは流石にやり過ぎ感があり、将来の目標ということで徐々に準備して行こうと思います。
サーバーを経由してスマートフォンから自宅を監視なんて映画のようです。

太陽光パネル

住んでいるマンションのベランダからは、向かい側に立つ一戸建ての家がたくさん見える。
いわゆる新興住宅地で、建てられてからまだ年数は浅いと思う。

綺麗な家並みだが、今年の夏に、これらの家に一つのブームが訪れていた。
それは太陽光パネルの設置。

ある一軒が取付を行たったと思ったら、翌日には隣の家にも取付が始まった。
示し合わせたように、みんなで申し込みを行ったのであろうか。

屋根に登り作業をする業者さんが、うちのベランダからよく見えるが、真夏の照りつける太陽を受けながらの作業はほんとうに大変そうだった。
手軽につけられるようになってきたとはいえ、半日はかかっていた。

パネルを乗せるレールのようなものを設置して、パネルを乗せて固定する。
これを気温35度の中やると思ったら、どれだけしんどかったか分かる。

家主の奥様が心配そうに屋根を見上げていたが、お昼にはトラックで食べられるような飲み物や昼食を振る舞っていたようだ。
この気遣いは、外壁や屋根で作業する業者さんにとってはとても嬉しいことなんだそうだ。

冬になった今でも、たまに出る陽を受けてパネルは発電している様子が今日もベランダから見える。
家に関する工事をするにもたくさんの人の手が関わっているんだと改めて感じた。

ジャンボあたりに大期待
特バラ特連スペシャルで年末ジャンボ攻略
特殊な買い方の特バラ特連スペシャルは売り場にとっても希少。現在は限定の売り場だけが買える方法を試すならコチラ。
www.hpfree.com/engeki/
関連:www.dolezalsro.com

«
»