マウスピース

主人がたまに、ものすごい音で歯ぎしりをするので、歯ぎしりについて調べてみました。
原因はストレスで、不安や心配を歯ぎしりによって解消していることが多いそうです。

病気が原因ではなさそうなので安心したのですが、
楽観視もできないようです。

歯ぎしりによって、歯が削られたり欠けたりするだけでなく、強い力で食いしばることにより骨の痛みや頭痛など、さまざまな二次トラブルがあります。

しかも、歯ぎしりというのは人に指摘されないと本人は気づきにくいようなので指摘されたら一度、歯科医に相談した方が良いそうです。
しかしながら、原因がストレスという事なのでまずはストレスを溜めないように、また何らかの方法でストレスを軽減させる事が重要です。

歯科医に相談した場合は、歯ぎしりの治療は、マウスピースをする方法があるようです。
本人は気づいていないだけに、治療には家族の協力が必要不可欠です。
マウスピースまでは破壊しないとは思いますけど、歯型を採取してオリジナルを作るのでしょうね。

歯医者というと何となく痛いイメージがあるのですが、それは大抵の人が痛くなってから歯科医のもとに飛び込んでくるからということのようですね。
定期的にメンテナンスをしている人は、もう気持ちよさに自ら足を運ぶそうです。

歯石除去の体験がありますが、確かに痛みは無く、固い歯石が取れる実感があり、きれいに歯茎もピンク色に引き締まってきました。
麻酔は注射ではなく、塗布するので安心なんですよ。

«
»