中学生の頃から世話になっている道具

縫い物や編み物などの手芸が好きで、うちにはたくさんの手芸道具が揃っています。
基本的な道具の縫い針やマチ針、布切りバサミや糸切りバサミ、目打ちなどは、中学校の家庭科の授業のために買ったものをいまだに使っています。

それらは十数年、いえ、ウン十年前に買ったような道具ですが、使うのに何の支障もありません。
中学生向けの道具ですから、高級なものではないのに、とても長持ちして、しかも使いやすいので重宝しています。

前回実家に帰ったとき、子ども部屋の押入れの中を整理していたら、中学生のときに作ったスモッグやスカートなどが余り布と一緒に出てきました。

久しぶりに暗闇から陽の光を浴びたその布で、何をつくろうかなとワクワクしています。
手芸はダサいというイメージがあるそうですが、昔は、学生時代に手芸が趣味と言えば、かなりモテモテだったのです。
家庭的な女性をイメージさせたからでしょうか。

今の時代は、そうした家庭的をイメージさせる特技や趣味を持つ努力も無しに、しきりに女子力アップなどを喚いていますが、女子力って一体、何なんでしょうか?
料理・洗濯・炊事・片付けが出来れば、それだけで十分に女子力満点なんですけどね。

親がそのような、女性としての魅力が垣間見えることを伝えることが少なくなったのでしょう。
男女は同じであるべきだと、必要以上に言い張る弊害が出てるのではないでしょうか。
男子力は磨かなくてもいいの?

ダイビングショップ
危機管理徹底のダイビングショップ
安全精度を上げる為に少人数制を採用しているダイビングショップ。コースは3つの中から。
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»