内容の無いメール

中学生でケータイ電話を持ち始めたばかりの妹が、友達としているメールのやり取り。
我が家では妹のケータイ電話が鳴ると「誰からメール?」と家族が聞き、妹も気軽に「学校の友達の○○から~」と答えてそのメール内容もオープンにするというのが、いたって日常的な流れなのです。

私は妹と友達のメール内容を聞いていて、いつも疑問に思ってしまうことがあります。
やり取りの始まりは相手から送られてくる、ただひと言「おーい」とだけ書かれた一通のメール。
それに対してこちらから返信するのも「何だー?」など、ひと言だけ。

すると、相手からはまた「暇だー」と返って来る。
いつもこのような、ひと言メールばかりなのです。

そして、そのやり取りが学校から帰って来てから寝るまで、何時間も続くのです。
一体それの何が楽しいのだろう?

ひと回りも年の離れたババアな姉には、最近の子どものノリは意味不明です。
簡単な話、道具に使われているのです。
電話とパケット代を比較して、どちらが安上がりになるかなど、考えることもないのでしょう。

今では、スマートフォンなら無料通話のツールがダウンロード可能なので、いくらでも好きなだけ電話で放せます。
短文の往復メールは実に時間の無駄遣い。
時間の概念を中学生に叩き込むのは無意味では無いとは思いますが、気付くことさえ出来ない思考法に問題ありでしょう。

ダイビングやりたい?
南国石垣島ファンダイビング案内
マンタ遭遇率の高いダイビングショップが案内するコースの紹介
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»