春雨スープダイエット

ダイエット目的で、夜ごはんに炭水化物を摂るのを控えている。
満腹感を得るため、汁物は必ず作る。

そしてその中に春雨を入れている。
フリーズドライ商品でも春雨スープはあるが、あれでは量が少ないので満腹感がいまいち得られない。

家でつくる汁物は野菜をいれた中華風のスープが多い。
白菜やきのこ類、根菜類など、何でもスープに合うものは入れる。だからとても具沢山のスープになるし、それに春雨がトローリ絡むので美味しい夕飯になり満足だ。

春雨は緑豆を原料にした低カロリーの乾麺だが、このように万能で手軽なものはなかなか無い。
こんにゃくだと水気が多すぎるし、マロニーは春雨よりも麺に近くなるので美味しいが、カロリーがそこまで低いわけではない。

だから私は春雨を買いだめしている。最近は、私のようなユーザーが多いからか、春雨の商品バリエーションも豊だ。
よく利用しているのは、一人前の春雨が小分けにして乾燥してある取り出しやすいものだ。

美味しくてヘルシーなものを食べるため、スープの味付けの腕はまだまだ磨いていきたい。
ヘルシーヘルシーと騒ぐのもホントは嫌なんですけどね。
何でもそういう言葉に扇動される人を見ていると、実に痛々しいので。

結局は、現代の食糧事情からすると、あまりにも高カロリーだから低カロリーレシピがもてはやされるわけで、例えば江戸時代のメニューを再現する方が、余程、身体に合っている可能性もある。

男子の料理番組

テレビをかけると料理番組、ということが少なくない。
中途半端な時間には大抵料理番組をやっている。
その中にとても好きな番組があって、男子が作るごはんメニューのレシピをやってくれるやつだ。
こういうと、分かる人には分かるだろう。

男子が好むメニューとは、やはり非常にがっつりしている。
肉なら肉らしさを前面に。
そしてカロリーや脂肪分なんかには一向無頓着。

第一食材費だって絶対に考えちゃくれていない。
それが証拠にめったに使わないような調味料を使ったりするのだ。
往々にしてお高いのが調味料というものなのに、一回使うか使わないかのメニューの為にどうしてそんな普通のスーパーに売っていないようなものを使うのか。

これが主婦向けの番組であれば、予算上の都合と言うのも考えられたレシピをぶつけてくる。
「ここでは本当はこういう調味料を使うとよいのですが、手に入らない場合は○○でも代用できます」といった救済措置を講じてくれる。
それに、あまった屑野菜でもう一品、みたいな企画もしてくれるはずである。

けれども男子のごはんにはそういうものはない。
今食べたいものを、最高の食材でつくる。
とにかくそれが第一義である。

毎日毎日これをされてはお金がいくらあっても足りないが、たまにはよいと思う。
おおざっぱで、そして思い切り食材を吟味して、高カロリーのものをつくって食べる。
料理の醍醐味のような気がする。

それに、女子向けといわれるヘルシー料理が巷にあふれている昨今では、こうした高カロリー健康への敵メニューというものは新鮮でよい。
何より、女子がヘルシー好きと思ったら大間違いということも言って置かねばなるまい。
ちなみ私はステーキ丼が大好きである。
だから、近しいメニューをたくさん取り上げてくれる男子のごはん番組は、非常に参考にさせていただいている。

«