ハンドクリーム

秋頃から、手の乾燥が酷くなる。
マメにハンドクリームを塗るようにしているが、冬は一つ問題がある。

風邪やインフルエンザ対策として、出先でよく手を洗うことだ。
電車から降りたら駅で手を洗い、目的地に着いたらまず化粧室で手洗いとうがいをする。

食事やコーヒーを飲む前にも手を洗いにいくようにしている。
潔癖性というわけではないが、とにかく風邪をひきたくないから、ウイルスが付いてしまうであろう場所を通ったら洗うクセを付けているのだ。

このおかげで、ここ四年ほど風邪は全くひいていない。
しかし、そのように頻繁に手を洗うため、手の乾燥がとくに酷くなるのだ。

手を洗うたびにクリームを塗り直す。
また手を洗えばクリームを、の繰り返しだ。
とても面倒だが、どちらも譲れない行程だ。

寝る前のハンドケアはもっと念入りにしている。
顔と同じように、化粧水と乳液を使い、最後にオイルを塗り込んで就寝する。
塗り込む、という表現がぴったりなように、乾燥しているところにぐりぐりとクリームをねじ込んでいる。

今年はシルクの手袋でも買って、もっと美しい手先を目指すつもりだ。
昔は、炊事で冷水を使わなければいけなかった家庭の主婦は、手荒れが酷かったらしい。
今は一般的にも、給湯設備の発達で、温度調整が出来るので、滅多にしない。

ところが、この環境が軟な肌を作り上げているとも言われるのだが、果たしてそれは・・。

東京の食肉卸会社
東京の食肉卸会社は精肉専門店
東京都内を中心に良質の業務用牛肉・バーベキュー肉等を提供している業務用食肉卸会社
meat-kimura.co.jp/

«
»